BLOG
ブログ

Hair designer
店長 / ヘアデザイナー
TAKUYA MIYAZAWA
宮澤 卓也

お久しぶりです

前回の更新は緊急事態宣言が出る直前でした。

ステイホームが叫ばれる中、

営業にも徐々に影響が出始め、

色々な情報が交錯していた。

またサロンへ足を運んでもらえるのがいつになるのか見通しが立たない中でも髪の毛は伸びていく。

なにか発信できることはないかなぁと思っての前髪セルフカット動画でした。

 

その後緊急事態宣言も発令されましたが、

美容室は休業要請対象には含まれない。

ということが国会で答弁されていました。

正直なところ変なフューチャーをされたことに対して、

やられた。

という感想でした。

 

同エリアのサロンは発令を待たずに休業宣言を出しているところも多く、

どちらが正解かどうかなんてわからない状況。

一旦期間を決めて閉めるのもアリかもしれませんね。

と代表とも話し合いました。

 

2週間の休業を決め、その後も予約枠をセーブする為の自宅待機。

もどかしく感じる反面、働き始めてからここまでの休暇も無かったのも事実。

色々と立ち返り、様々なことを考えました。

 

6月に入り電車の乗車率も戻ってきているのを感じます。

1度快適な車内を知ってしまった後だとなかなかきついですよね笑

日々髪に携われていることに以前のような幸せを感じています。

しかしながらまた別の角度での価値観のあり方も求めています。

どう足掻いても最終的には対面で技術を提供すること以上にできることが無い。

であればその時間が何かしら今まで以上に意味がある場でなければいけないと思いました。

まだまだ試行錯誤ですが、そういった意味のある人間になりたい。

 

 

この状況下に陥ったときに真っ先に浮かんだのがこれだ。

英語だか国語だかの教科書に載っていた。

ある日を堺に元の生活には戻れなくなる。

ずっと。

それは急にやってくる。

 

色々と準備をしていたことや思惑も全部飲み込まれてしまった。

だが運転席に座ってしまった以上、

車は走らせるも止めるも自分で決められるようになるともとれる。

ものは考えようでしょう。

 

 

 

 

 

失敗しない!おうちで出来る前髪カット

今週も自粛要請がでましたね。

なかなかサロンに来るタイミングを掴めない方も多いのではないでしょうか?

そんな時に気になってくるのはとにかく、

前髪!

ですよね?

自分で切るのもなんか怖い。

失敗したら取り返しがつかない。

そもそも失敗した事があるからもう切らない。

色々あると思います。

が、こんなときですので動画を撮りました!

動画内でポイントを語っていますのでご覧下さい。

 

 

1.目と目の間(黒目と黒目の間)のちょっと狭いかなぁ?というセクションだけにすること。

2.目尻からサイドの毛は切らないこと。リカバリーできなくなることが多々あります。

3.前髪を後ろから持って来すぎないこと。2と被りますが切ったら広くなりすぎちゃった!となります。

4.セクションはきちんと取ること。曖昧な毛を切りはじめると切っちゃいけない毛を切りかねません…。

5.ハサミは必ず縦に!モードな重ためバングならいざ知らず、少しだけメンテナンスとして切るなら毛先が馴染むように縦に入れるのが安心です。

 

参考になれば幸いです!

ミスト

 

まぁ何があるかわからない世の中ですから、

もともと先行きがわかってることなんて何もないよな。思い知らされるというか。

そんな中でも髪をどうにか切りたいだとか、

気持ちをあげたいというお客様をなんとか綺麗にしたい。

それはいつもと変わらないし、

いつも以上に強い気持ちで望んでいます。

 

家に居るのが1番安全。でも誰も出なければってことでしょ?

家族が外に出てる中で自分だけ家に居ても意味が無いし。

逆もそう。

その辺りの認識をもう少し共有していかないと不安はなくならないかな。

 

経済がなんだかんだと言っても今目に見えて亡くなってる方が、

自分の家族だったら?自分だったら?友達だったら?

でも生きていくために働くしかない。

誰かの助けになるならと身をきって。

魂のカットをしている訳です。

誰もがそうだと思います。

経済が止まったらその先がやばいのは誰だってわかるけど、

目の前の恐怖は誰がなくしてくれるんでしょうか。

この先に大変な生活があるにしても、

その生活自体がなくなるかもしれないじゃん。

 

精神論じゃどうにもならないことなので、

今考えうる最大の警戒をもってサロンを営業しています。

でもぶっちゃけ怖いです。

自分がサロンをクラスターにするかもしれない。

でも思い込みやフェイクニュースに踊らされずに、

ひとりひとりが正しく予防する以外ないよね。

 

 

今送り出してるお客様には、

『また会えるようにがんばりましょうね!』

とお声がけしています。

落ち込みがちな今だからこそ、

対面でコミュニケーションをとることで、

ちょっと気持ちが軽くなるかもしれません。

不安な気持ちを共有するだけでちょっとすっきりするかもしれません。

こんな中でもご来店いただいた皆さまの為に、

僕らは万全を期しています。

それが自分達の為にもなるし、周りの為にもなるから。

 

情報過多な現代だけど、

SNSとかLINEが3.11に一気に浸透したのを覚えていますか?

ということはですよ、

今回のこの状況でも何かを発展させる機会になるはず。

テレワーク、自社出勤…。

やってみたら案外快適という声も良く聞きます。

新しい形態での仕事やコミュニケーションが間違いなく増えるでしょう。

美容室に何かを落としこむなら?

店舗と移動型店舗の複合サロンとか?

24時間オープンサロンとか?もうあるか。

働くスタッフ側は?

5GでVR内でカットレッスンとか?

そしたらウィッグいらないもんね。

カットモデルも髪質、毛量、クセを設定したAIがモデルになったり?

それも面白そう。

ただカラーとかはどうなんだろなー。

もうその感じになってたら髪をちょっと採取したらAIがカラー剤の調合をしてくれるか。

だんだんSFチックになってきましたね。

そんな感じで色々考えています。

 

12年目スタートはなかなかにハードですが、

世界中の人たちとある意味繋がっている実感がもてました。

運命共同体として立ち向かっていきましょう。

 

 

 

 

こんな時なのでオススメ作品のご紹介です。

自粛要請。

不要不急の外出はお控え下さい。

なんていうかテスト勉強してると部屋の模様替えしたくなってくる感覚に近いというか。

ダメって言われると何でもやりたくなってしまうというか。

個人的にはインドアもアウトドアも楽しめるタイプなので、

家に居ときなさいも楽しめます。

そもそも震災の時と違ってガスや水道、電気の心配や余震も続く中での自粛ではないですしね。

敬愛する筋肉社長も家の中で思い切り楽しめばいいんだよ!と言っておりました。

 

ということで、僕が加入しているネット配信系のものでおすすめをいくつか紹介します!

これで家に居ても楽しめるし、観たら作品の話ができて楽しめますね!笑

 

AMAZON VIDEO編

 

ALL OR NOTTHING(ドキュメンタリー)

スポーツのクラブチームに密着。

プレミアリーグのマンチェスターシティ編は非常にモチベーションをあげてくれましたし、

オールブラックス編はラグビー熱と相まって楽しめました。

シリーズはいくつもありますがまずはこの2つから観ていただくのが入りやすそうです。

 

昭和元禄落語心中(アニメ)

落語ブームの火付け役になった漫画原作です。

声優陣が素晴らしく、関智一さん、石田彰さん、山寺弘一さん、林原めぐみさん。

といった有名著名な方がぐっと固めています。

ストーリーも戦前~現代までの2クールにわかれていて歴史背景も垣間見れる作品です。

何度見返したかわからないくらいにどはまりしました。

作中に戦後でまだ復興に手がいっぱいで寄席に人が集まらなくなるシーンがありますが、

助六のそのときの台詞は心強く、いつの時代にもこうありたいなと思えます。

 

THE BOYS(ドラマ)

スーパーヒーローものが好きな方には受け入れやすいかもしれません。

ちょっとあれなシーンもありますが、

実際にヒーローがいたらこんな裏面もあるのかもね…。という風刺のきいた社会派ドラマです。

 

NETFLIX編

 

勇者ヨシヒコシリーズ(ドラマ)

深夜帯にやっていましたし話題になってたのでご覧の方も多いかと思いますが、

大人が本気で馬鹿っぽい事を真剣にやるとこういうものが出来るんだなという感じです。

山田孝之さんはもともと大好きでしたが、共演者も出汁がでまくりで何度見ても笑えます。

井戸とミュージカルの回は神回だろ!

 

四畳半神話体系(アニメ)

よくあるパラレルワールド的な作品ですが、

大学のどのサークルに入っても同じような結末を迎えてしまう主人公を丁寧に描写しています。

原作者が好きなのもあると思いますが、音楽や映像がお洒落で非常に好きな作品です。

 

本番まで、あと7日(ドキュメンタリー)

タイトルの通りですが、ドッグショーやNASAカッシーニ計画、

ファッションショーなどの本番を迎えるまでの7日間に迫ったドキュメンタリーです。

故カール・ラガーフェルドのシャネルのショーと、

イレブン・マディソン・パークの改装の回が個人的には好きでした。

 

ザ・シェフショー(ドキュメンタリー)

アイアンマンなどの監督をしているジョン・ファブローが主演を努めた、

シェフ三ツ星フードトラックという映画のスピンオフ的作品です。

シェフのフードディレクターをしていたロイ・チョイと共に世界を廻ったり、

ゲストを招いて料理を作るというだけの作品なのですが、

色々な文化にも触れつつ美味しくいただこうというシンプルな形式が楽しいです。

映画もハッピーな気持ちになれるおすすめ作品なのでそちらも是非。

 

GIRI/HAJI(ドラマ)

兄は警察官、弟はやくざ。

東京とロンドンで起こる事件が交錯していくサスペンス?です。

なんといっても我々世代のキング窪塚洋介がかっこいい。

兄弟愛も描かれていて、久しぶりに弟に会いに行きました。

 

タコスのすべて(ドキュメンタリー)

タイトルのまんまのタコスを掘り下げていくだけのドキュメンタリーです。

メキシコに行ってみたい!タコスを今すぐ食べたい!

ってなります。

バックボーンも抜かりなく、見始めたときには考えもしなかったカルチャー面も非常に楽しめました。

冒頭からタコスが語りかけてきますのでご注意を。

 

まだまだありますが一先ず観易そうなこの辺で。

映画編とかアニメ編とかも書こうかなと思います!

 

良いおうちタイムを!

 

トリートメントまとめ COREME編

新導入のトリートメントについてです。
1年半ほど開発協力をしていたシステムトリートメントです。

COREME 6600円
ダメージや加齢によって弱った髪は、ダメージホールが出来たり髪密度が低下してきます。
ボリュームが出にくくなった、まとまらない、ぱさつく、ツヤがなくなってきた、うねる。

といった悩みもこちらが原因だったりします。

アリミノさんの研究により『α-へリックス』というバネのような構造が影響している事が解りました。
髪のこの芯部へアプローチする『へリックスショット』という糖誘導体とアミノ酸誘導体の複合体がこのトリートメントの特徴です。
弱った髪を芯から強くしなやかにべたつきの無い軽いサラッとした質感にします。
保湿性が200%、毛髪強度も150%回復したという実例もあるようです。
今までのトリートメントで重たくなりすぎたり、べたつく質感が好みじゃなかった方は特にオススメです。
髪質や生活スタイルなどを加味して様々な施術のパターンがあります。
この選定は多くの髪の状態と薬剤をみてこないとなかなかマッチングさせることができません。
きちんとサロンケアとホームケアが噛み合った時にようやく『扱いやすい髪』となります。
ダメージ状況によっては思うようにいかない事も中にはありますが、
その場合は長期的なケアプランを一緒に考えましょう!